Freelance Visual Designer, Nana Murata.

【杉本博司 ロスト・ヒューマン】のお話

【杉本博司 ロスト・ヒューマン】東京都写真美術館

<今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない>

会期終わり際に駆け込み。

杉本博司さん好きで、写真を見るつもりで行ったけれど、言葉がずっしりきた。 インスタレーションの企画で、文明が終わる33のシナリオ

(様々な目線から創作された、遺書のような肉筆の手紙)

が歴史的な資料や古美術品、昔のものと一緒に展示されている。 いろんな世界の終わりがそこにはありました。 今の人間の文明や現状への警鐘で、ちょっと恐ろしい。 私みたいな能天気なタイプだと、 「もっと希望をもっていきたいです…」と思ったりもするんだけれど 今回の展示のような思想や表現があるからこそ、 「希望をもてる未来にしたい、そのためにどうするか」 ってことに思いを寄せることができるんだな、と思ったり。

<世界保健機関事務局長>のシナリオの中の一文 「人は自分のために生きるのではなく、誰かのために生きたかったのだ」 っていう言葉がずっと心に残ってる。

もうひとつの企画<廃墟劇場>は、<劇場>シリーズの廃墟版。 劇場を、映画一本分の光で写し出す。 趣あって、ロマンあって、物語あって、とっても好きな作品。 なにより美しい。 このシリーズの写真集はいつか買おう。

東京都写真美術館

【杉本博司 ロスト・ヒューマン】

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2565.html

NANA MURATA

Freelance Visual Designer / Illustrator

効果的に魅せることの出来る「見た目」を作る仕事をしています。

肩書きや分野の枠にとらわれず世界観をデザインする仕事がしていきたいです。

モノやコトや空間の物語を視覚化するような。

 

【好きなもの】

 靴 / 本と本屋と本を買うこと / 

 映画と映画館 /ロボット/チョコレート/赤

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle
ARCHIVE
CATEGORY